News




EROICA JAPAN 2019説明会

2018年8月27日

自転車の歴史はヨーロッパが起源で、ロードバイク文化はイタリアでこそ熱く、深いのです。エロイカは、1997年イタリア生まれのサイクリングイベントです。特徴としてビンテージ自転車(1987年以前に製造・販売されたもの)を使い、かつてのサイクリングスタイルを体験しながら、現在社会で忘れつつある「汗をかくこと、自転車を操作する喜びの再発見すること、助け合い精神、郷土料理を楽しむこと」をモットーとしています。日本国内で2012年から開催され、現在、群馬県吾妻郡で開催されています。国内外から多くのビンテージ自転車ファンが参加し、国内最大のビンテージ自転車の祭典となっています。
 
イタリアの自転車文化が好きなあなたに興味ある企画をお届けします。
上映するのはイタリア国営テレビ制作のドキュメンタリー番組「Come Eravamo(我々はどうだったか)」シリーズの中で、イタリアにおける自転車産業が歩んできた歴史です。多くのロードレースチャンピオンを生んだイタリアで、自転車産業誕生の秘話や、自転車がどのように社会に影響を与えたか、ロードレースが人々を魅了してきたかといった面白い内容です。
上映後、コーヒーを飲みながら、2019年5月に開催される第7回エロイカ・ジャパンの新しいルートや魅力について報告します。
自転車の歴史やビンテージバイクに興味のある人はぜひご参加ください。
 
日 程 : 2018年9月8日(土)14時30分〜16時30分
場 所 : たちかわ創造舎 
住 所 : 東京都立川市富士見町6—46−1(リンク
案内役 : 長谷川昭憲(エロイカ・ジャパン会長)
      松本敦(バッカス事務所)
上映内容:「イタリア、自転車歴史物語」(60分、伊語、日本語字幕)
参加費:1000円(ドリンク付き)
 
問い合わせ先:バックス事務所 
matsu729@r5.dion.ne.jp

 


シェアする



     
      

         
   

                       





@ L’Eroica 2014 | VAT Code IT01357870524
Website designed by 93ft.com and developed by Alias